<   2001年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

斉天大聖 (せいてんたいせい) その5

 さて、李天王と哪吒太子は諸将を率いて
天帝のもとに参上した。

「わたくしども、仰せに従い下界に出勤し、妖仙孫悟空を
取り押さえんと致しましたが、聞きしに勝る神通力。
陛下、何卒兵力の補強をお許しください」

天 帝 「なに、たかがばけ猿一匹をやっつけるのに、
      まだ足りぬと申すのか」

哪 吒 「まことにもって申し訳ありませぬ。
      あのばけ猿め、鉄棒をふるって巨霊神を
      打ち負かしたばかりか、わたくしにまで手傷を
      負わせました。その上、洞門の前に 
      『斉天大聖』 と書いた旗を掲げて、
      この官職を寄越せとぬかしております」

天 帝 「うーむ。なんたる気違い沙汰だ。
      諸将を率いて、直ちに討ち取れ」

その時列座の中から
太白金星 (たいはくきんせい) が進み出た。

「陛下。あのばけ猿は、訳もわからず
減らず口を叩いているのです。
武力に訴えればかえって騒ぎを大きくするばかり。
ここはむしろ、もう一度天上界に招き寄せ、
望みのとおり斉天大聖にしてやることです。
なぁに、名ばかりということにすれば問題はございません」

天 帝 「と、いうと?」

金 星 「名は斉天大聖でも、仕事も給料も与えず、
      天地の間に放し飼いにしておくのです。
      こうすれば奴の邪心を抑えることができ、
      天地は安泰、世界も平穏に帰すことでしょう」

天 帝 「宜しい。そちの意見を採る」

 こうして太白金星は、再び花果山水簾洞へ。
前回と違ってあたりに威風がたちこめ、殺気に満ちていた。

金 星 「おーい、そのものたち。大聖に知らせよ。
      天帝からの使いが来たとな」

そっさく取り次ぎの猿が注進に及んだ。

悟 空 「待ってました!
      こりゃきっと、太白金星のオヤジだぜ。
      この前も俺を呼びに来たんだ。
      官職は気に入らなかったが、
      おかげで天上界の見物ができたようなもの。
      今度もきっと悪い話じゃねぇぞ」

 そそくさと衣冠を整えて、迎えに出る。

「や、これは金星どの。ようこそ、ようこそ」

金 星 「李天王及と哪吒太子の報告によれば、
      なんじは旗を打ち立てて、
      斉天大聖なる官職を求めておるそうじゃが。
      天上界では武力でたたけという意見もあったが、
      わしがとくに大聖の為に上奏いたした結果、
      大王を斉天大聖として天上界に招くことと
      相成った。ありがたくお受けするがよいぞ」

 口上を聞き終わって悟空は顔をほころばせた。

「いやぁ、いつもいつも、申し訳ない。しかし、天上界には
斉天大聖なんて官職があるのかい?」

金 星 「わしが得にお願いし、お許しを戴いた。
      大丈夫、大丈夫」

 悟空は大喜びで、
さっそく金星と共に雲をおこして再び天上界へ。
天将、天兵が迎える中を霊霄殿に案内されて
天帝に拝謁した。

天 帝 「孫悟空よ。ちこうよれ。
      そちを斉天大聖に任命する。
      最上の官位ゆえ、
      今後ばかな振る舞いに及ぶでないぞ」

悟 空 「ははぁ、光栄至極に存じます」

 天帝は早速造営官に命じ、
仙桃園 (せんとうえん) の右隣に
斉天大聖府 (せいてんたいせいふ) を建てさせた。
そこに安静司 (あんせいし)、 寧神司 (ねいしんし)、 の
ふたつの役所が設けられ、下働きの仙吏 (せんり) が、
悟空の身の回りの世話をした。

 天帝からは、とくに酒二瓶が下賜された。
 さっそく悟空は、部下一同と着任祝いをし、
なにひとつ心配事のない楽しい暮らしがはじまった。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-04-05 00:00 | 児・天上界大混乱の巻

斉天大聖 (せいてんたいせい) その4

 さても悟空が勝ちをおさめて引き上げてくると、
全山七十二洞の妖王と、六人の義兄弟が、
ぞくぞくと祝いに駆けつけた。
早速洞内で宴会がはじまる。
その席上、悟空は六兄弟に提案した。

「諸君、おれでさえ 斉天大聖を名乗ったんだから、
兄貴たちも大聖の看板を出してはどうか」

牛魔王 (ぎゅうまおう) が、まっさきに賛成した。

「さすがは賢弟。いいことを言う。
よし、おれは 平天大聖 (へいてんたいせい)
と名乗るぞ」

つづいて蚊魔王 (こうまおう)

「おれは 覆海大聖 (ふくかいたいせい) だ」

鵬魔王 (ほうまおう)

「おれは混天大聖 (こんてんたいせい)」

獅駝王 (しだおう)

「おれは移山大聖 (いざんたいせい)」

猕猴王 (みこうおう)

「おれは 通風大聖 (つうふうたいせい)」

偶 (ただしい字はけものへん) 狨王 (ぐかいおう)

「おれは 駆神大聖 (くしんたいせい)」

こうして自作自演、勝手に称号を決めた七大聖は、
一日中愉快に過した後、それぞれに帰っていった。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-04-04 00:00 | 児・天上界大混乱の巻

斉天大聖 (せいてんたいせい) その3

 はなし変ってこちらは天上界。 
あくる日、天帝が朝廷にお出ましになると、
張天師 (ちょうてんし) が 御馬監 (ぎょばかん) の 役人を従えて進み出た。

「陛下、新任の弼馬温孫悟空めが、役不足を申し立てて、
天宮を逃げ出しました」

 そこ今度は、南天門から増長天王 (ぞうちょうてんのう) が、天兵を率いて参上した。

「弼馬温めが、理由もなく天門から出て行きました」

天 帝 「ふたりとも、持ち場に戻るがよい。 
      朕 (ちん) は天兵を差し向けて、
      あの妖怪を取り押さえてくれようぞ」

 その時、列座の中から、托塔李天王 (たくとうりてんのう) と、その三男の哪吒太子 (なたたいし) が
すっくと立ち上がった。

「陛下、微力ながら、その役目、我らにお申し付けくだされ」

 天帝は満足そうにうなずき、その場で李天王と哪吒太子に向かって、すぐに悟空を征伐に向かうよう命じた。
 本宮に帰ったふたりは、早速全軍に招集をかけた。
巨霊神 (きょれいしん) を先鋒にすえ、
魚肚 (ぎょと)、薬叉 (やくしゃ) の諸将を従えて
直ちに花果山へ軍をすすめる。地の利を選んで陣を敷くと、
まず巨霊神に命じて、戦いに挑ませた。
 日頃自慢の宣花斧 (せんかふ) を振り回しながら
水簾洞に近づいた巨霊神。見れば洞門の外で、
虎や豹などの妖怪が、槍や剣を振り回して、ほえたて、
はね回っている。

「こらっ、畜生ども。 弼馬温めに知らせろ。
われこそは天上界の大将、天帝のおおせにより、
征伐に参った。
とっとと降参すれば命だけは助けてとらす、とな」

 妖怪達はあわてて洞内に駆け込んだ。

「た、た、大変だぁ! 
門の外に天上界の将軍がやってきて、
降参せよと叫んでおります」

悟空 「よし、おれの装束を持ってこい」

頭には紫金のかんむり、身には黄金のよろい兜、
足には歩雲 (ほうん) のくつ、手には如意棒・・・。
身支度をととのえるや

「ものども続け!」

とばかり、洞門を飛び出して、陣形を固める。
 フンとせせら笑った巨霊神、

「この斧を受けてみよ」

と、まっこうから打ちかかったが、悟空の方は
余裕しゃくしゃく。如意棒を振るって迎えうち、
ひるむところを一撃すれば、相手の斧は
ポキッとまっぷたつ。

 ほうほうのていで逃げ戻った巨霊神、
はあはあ息を切らせながら、李天王の前に手をついた。

「弼馬温は、たいした神通力です。
到底かなわず、逃げ戻りました。どうぞお裁きを!」

李天王 「ええい、おまえのおかげで気勢がそがれる! 
      そこへなおれ。斬ってくれよう」

 いきまくところを哪吒太子が押しとどめた。

「父上、しばらく。 こんどはわたくしが出陣し、
きゃつの手のうちを確かめて参ります」

 よろい兜に身を固めた哪吒太子は、本陣を飛び出すと、
まっしぐらに水簾洞に向かった。
 悟空の方は、兵をおさめ引き上げるところだったが、
哪吒太子の あっぱれな武者ぶりを見て、足を止めた。

悟 空 「ようよう、どこの小せがれだい。
      こんなところで何をしようってんだ?」

哪 吒 「ばけ猿め! とくと見よ! 
      托塔天王の第三太子、哪吒を知らぬか。
      天帝の命により、きさまを捕らえに参ったぞ」

悟 空 「おいおい、坊や。 歯も生え揃わなきゃ、
      産毛も生え替わってもねえくせに、
      とんだ大口を叩くじゃねえか。
      しばらくの間は命を預けてやるからな、
      あの旗になんて書いてあるかをよく見ておけ。
      おうちに帰ったら天帝に申し上げるんだぞ。
      この官職を寄越せば騒ぎを起こさず
      帰順してやるが、さもなきゃ霊霄殿に
      暴れ込んでやるぞってな」

哪吒太子が振り仰ぐと 「斉天大聖」 と書いてある。

「ばけ猿め。神通力を鼻にかけて、こんな称号を語るとは!
こけおどしには乗らぬ。 この剣をくらえ」

悟空 「ほら、おれはじっと立っている。 
      勝手にかかってこいよ」

こうまでからかわれ哪吒太子は猛り狂った。

「変れ!」

と、一声叫べば たちまち三頭六臂 (さんとうろっぴ)
 ------ 頭が三つ、腕が六本の恐ろしい姿に変った。
六つのその手に持つ武器は

  斬妖剣 (ざんようけん)
  砍妖刀 (かんようとう)
  缚妖索 (ばくようさく)
  降妖杵 (こうようしょ)
  绣球 (しゅうきゅう)
  火輪 (かりん)

の六種。

これらをふりかざし、しゃにむに斬ってかかる。
 悟空は内心びっくり仰天。

「ほう、若造のくせに、味な真似をしやがる。
こいつは挨拶しなくちゃな。
そうれ、こっちも神通力だ」

これまた

「変れ!」

と叫んで三頭六臂に早変わり。
如意棒も三本増やしてこれを六本の腕であやつる。
 両者互いに秘術を尽くし、打ち合うこと三十合あまり。
哪吒太子の六種の武器が千変万化すれば、
悟空の如意棒も千変万化。
互い秘術を尽くし、空中に火花を散らせど、
いっこうに勝負がつかない。

だが、悟空はさすがにすばしっこい。
混戦のさなかに身体の毛を一本引き抜き

「変れ!」

たちまち悟空の分身が現れた。
手に棒を奮い、哪吒太子に立ち向かう。
すかさず本物の悟空は相手の背後に回り込む。
左腕めがけて打ち込んだ。

びゅう!
風を切る音に、哪吒太子はあわてて身をかわしたが、
時すでに遅かった。
一発食らって、ほうほうのていで逃げ帰った。

 こちらは本陣の李天王。
助勢を繰り出そうとする矢先に、
太子が戻ったものだから、さすがに真っ青になった。

李天王 「うーむ。
      やつにこれほどの神通力があろうとは。
      どのように攻めたものだろう」

哪 吒 「やつは、洞穴の前に
      斉天大聖と書いた旗を立てて、
      こうほざいております。
      天帝がこの官職を寄越せばよし、
      さもなくば霊霄殿に暴れこむぞ、と」

李天王 「やむをえぬ。
      ひとまず天上界に引き上げて、
      このことを上奏しよう。兵力を補強した上で、
      ひっとらえにきても遅くはあるまい」

 李天王と哪吒太子は、天上界に引き上げたが、
この話はひとまず置く。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-04-03 00:00 | 児・天上界大混乱の巻

斉天大聖 (せいてんたいせい) その2

悟 空 「おーい、みんな! 今帰ったぞ」

 悟空が大声をあげると、猿たちはいっせいに集まってきて、地面にひざまづいた。早速酒を用意して、歓迎の宴会。

一 同 「大王、おめでとうございます。
      天上界へ行かれてはや十数年、
      さぞかし御栄達のことでしょう」

悟 空 「なに、十数年? 
      半月ばかり留守をしただけじゃないか」

一 同 「大王は天上界におられたので、
      月日が経つのがわからないんで。
      天上界の一日は、下界の一年ですよ。
      ところで、どんな官職をちょうだいしました?」

悟 空 「いやいや、それがなんとも、みっともない話でさ。
      天帝ときたら、人の使い方も知らん。
      こともあろうに、この俺を弼馬温なんかに
      しやがった。着任したはじめは、なにもわからず、
      がむしゃらに働いたが、
      今日、仲間に聞いてみりゃ、弼馬温っていうのは、
      ただの馬番で、規格外だとよ。
      馬鹿にするなってんで、宴会の席をひっくり返し、
      ケツをまくって戻ってきたわけよ」

一 同 「それでこそ大王。よくぞお帰りくださった。
      この別天地で大王とあがめられるのが一番。
      いまさら馬番なんかやる手はありませんよ
      ----------- おーい、若いの、酒だ酒だ、
      大王をおなぐさめしろ」

 宴もたけなわになった頃、取り次ぎ係が入ってきて、

「大王様、独角鬼王(どっかくきおう)が
お目にかかりたいと参っております」

悟 空 「これへとおせ」

 鬼王(きおう)が衣服を整えて入って来て、
ははあ、とひれ伏した。

悟 空 「なんの用だ」

鬼 王 「ええ、うたけまわれば、大王は天上界の
      一員として、この度 故郷に錦を飾られたよし。
      お祝いのしるしに、赭黄袍 (しゃこうほう) 
      一着を持参致しました」

 見れば、目も覚めるようなオレンジ色の、礼装用の上着。悟空はすっかり気をよくして、早速着込んだ。

鬼 王 「ところで大王、
      ながらく天上界におられましたが、
      どんな官職に就かれたので?」

悟 空 「天帝のやつ、見くびりやがって、
      弼馬温なんかにしやがった」

鬼 王 「大王ほどの神通力がありながら、馬番とは!
      『斉天大聖』 (せいてんたいせい) を
      さずけられてもおかしくはありませんぞ」

悟 空 「なに、斉天大聖?
      ”天と斉 (ひと) しい大聖” か。これはいい。
      おい、おまえたち、急いで旗を用意しろ。 
      『斉天大聖』 と大きく書いて、旗竿にかけるんだ。
      よいか、これからおれは、斉天大聖と名乗る。
      大王なんて呼ぶんじゃないぞ。
      妖王どもによく伝えて、
      間違えないよう気をつけさせろ」

  こうして悟空は 斉天大聖孫悟空となった。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-04-02 00:00 | 児・天上界大混乱の巻

斉天大聖 (せいてんたいせい) その1

ところで悟空の觔斗雲は、性能が段違いに優れている。
スタート直後からぐんぐんスピードをはやめて、
ひと足先に天上界の南天門についてしまった。
雲をおさめて入ろうとすると、やり、刀、剣、ほこなどで
武装した天兵の一隊が前に立ちはだかった。

悟 空 「くそっ、あのいんちきおやじめ! 
      俺様を呼んでおきながら、こんな歓迎をするとは、
      どういうことだ」

 あたりちらしているところへ、やっと金星が追いついた。

悟 空 「やいやい、じじい。よくも俺様をだましたな。
      天帝のまねきだとかなんとか、うまいこと
      おだてやがって。来てみりゃ、
      とおせんぼじゃねえか」

金 星 「まあまあ大王、そう怒りなさるな。
      天兵にしてみれば、なじみのないものを
      勝手に入らせるわけにはいかんのじゃ。
      これかにおまえさんは天帝にお目見えし、
      仙人名簿に登録されて官位をさずかる。
      そのときこそ、出入りは自由なのじゃから」

悟 空 「やだよ誰がいくもんか」

金 星 「まぁそういわずに、わしについておいで」

 金星は天門に近づき、声高によばわった。

「かたがた、お通しくだされ。このものは下界の仙人。
それがし、天帝の命令でお連れしたのだ」

 天兵たちは、さっと武器をひっこめて道をあける。
これを見て悟空もやっと納得し、
金星の後から門をくぐった。
 さて、太白金星は、悟空を連れて
霊霄殿(れいしょうでん)につくと、さっそく進み出て、
うやうやしく礼拝した。悟空の方は、そばにつっ立ったまま、
礼拝もしないで、金星の報告に聞き耳を立てている。

金 星 「おことばによりまして、
      妖仙を召し連れて参りました」

天 帝 「妖仙はいずれにおる」

 ここではじめて悟空は、ぴょこんとあたまを下げて、

「ここにいるよ」

この返事に、なみいる仙人たちは顔色を変えた。

「この山猿め!礼拝もしないで ”ここにいるよ!”
とは、なんたる不敬! 死罪だ、死罪だ!」

天 帝 「まあよい。孫悟空とやらは、
      下界の妖仙。人間の仲間入りをしたばかりで、
      宮廷の作法を心得ぬのだ。
      ここは大目に見てやるがよい」

「さあ、お礼を申し上げるのだ」

と、臣下たちからうながされて、悟空もはじめて、
その場にひれ伏した。天帝が左右の臣下に、
官職をさずけるよう指示をくだす。

臣 下 「天宮には、どこにも欠員はありません。
      御馬監(ぎょばかん)の長官、
      弼馬温(ひつばおん)の役が空席となっている
      だけです」

天 帝 「そうか。では、その弼馬温に任ずるとしよう」

 一同がはーっとひれ伏したので、
悟空はなんとなく受けてしまった。そこで天帝は、
即金のものに命じて、悟空を役所へ案内させる。
 いまや、悟空の張り切りぶりは大変なもの。
着任すると、さっそく大小の役人を集めて、
事務の打ち合わせをやった。
天馬は千頭いるとの報告である。
悟空は帳簿をもとに、いちいち頭数を確かめ、
あらたに役人達の割り振りを決めた。
 それからというもの、日夜、寝食を忘れて馬の世話に
あたった。天馬はすっかりなつき、悟空の姿が見えると、
耳をぴくつかせ、ひづめを蹴立てて、すり寄ってくる。
どの馬も、毛色も艶やかに肥えふとってきた。
 こうしていつしか半月あまりが過ぎ去った。
ある日、悟空の着任祝いと、慰労をかねて、
宴会が開かれた。
 宴もたけなわのころ、悟空はふとさかずきを置いて、

「ところで、この弼馬温という官職は、どのくらい偉いんだ?」

一 同 「つまり、そういう役目なんです」

悟 空 「いや、位はどのくらいだと、聞いているんだ」

一 同 「とてもじゃありません」

悟 空 「なに、とてもじゃない? 
      よほど位が高いんだな」

一 同 「いいえ、とんでもない。規格外というやつで」

悟 空 「規格外?」

一 同 「びりっかすですよ。
      下っ端も下っ端、ただ馬の番をする役目です。
      長官は、おいでになってからというもの、
      熱心に働かれ、馬も肥えふとりましたが、
      せいぜい 『よしよし』 と誉められるくらいが
      関の山。反対に馬が痩せようものなら、
      小言をくらうし、病気にでもさせようものなら、
      厳罰をくらいますよ」

 悟空はたちまちカーッとなって、歯をむき出した。

「ちくしょう! よくも見くびってくれたな!
俺は花果山じゃあ大王とあがめられる身分。
その俺様をだまして、馬番なんかやらせやがって。
やめたやめた。俺はでていくぞ」

 ガラガラッとテーブルをひっくり返すなり、
耳から例の宝物を取り出し、おわんほどの太さにすると、
びゅんびゅん振り回しながら、御馬監を飛び出して、
南天門へとまっしぐら。天兵たちは、彼が仙人簿に
登録されている弼馬温であることを知っていたので、
こんどは黙って通してしまった。
 ほんのひと飛びで雲をおろせば、そこはもう花果山。
いましも四健将と妖王たちが、軍事教練の真っ最中だった。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-04-01 00:00 | 児・天上界大混乱の巻