悟空の修行 (ごくうのしゅぎょう) その5

  猿  「大王、どんなに待ったか知れねえぜ。
      俺たち、ひでえ目に遭っているんだ。
      妖怪が一匹出てきやがって、そいつが、俺たちの
      水簾洞を横取りしようとしやがる。
      俺たち命懸けで闘ったけど、
      家財道具はかっぱらわれるし、
      子猿も随分連れてかれちゃったんだ。
      大王が来てくれなかったら、
      水簾洞は危なかったぜ」

悟 空 「どんな妖怪だ。すぐ、仇をとってやるぞ」

猿 達 「混世魔王(こんせいまおう)とか言ってたよ。
      まっすぐ北の方から来るんだけれど、
      いつも雲や霧を起こしちゃ来やがるんで、
      詳しい場所は わからないんだ」

悟  空「よし、もう心配するな。俺が突き止めてやる」

 トンボ返りをうつと、北へまっしぐら。
見れば下には嶮しい山がそびえている。
雲からおりれば、山の彼方に水臓洞(すいぞうどう)
という洞門があった。
門の前では妖怪の手下が二、三匹跳ね回っていたが、
悟空を見つけて、奥に注進に及ぶ。
 やがて姿を現した混世魔王。

「どいつだ、水簾洞の親玉は?」

悟 空 「でけえ目をしやがって、
      この孫さまが見えないのか」

混世魔王「わっはっは、なんだ、こんなチビか。
      まだ子供だろう。武器も持たずに、
      この俺様に歯向かおうっていうのか。
      よしよし、俺も刀はやめにしよう」

悟 空 「よし、こい」

 魔王が身構えて打ちかかれば、
悟空は胸元に飛び込んで、打ちつ打たれつの接近戦。
こうなると小さい方が有利で、
悟空のパンチがビシビシ決まる。
 魔王、たまらずに、足元の刀を拾い上げ、
まっこうから打ちかかった。
ひらりと身をかわした悟空。からだから、
ひとつまみ毛を抜くと、口に入れて噛み砕き、
空に向かってプッと吹いて

「変われ!」

と、ひと声。毛はたちまち二、三百の小猿に変わり、
魔王を取り囲んだ。これぞ分身の術。
悟空の体の八万四千本の毛は、一本一本、
悟空が「なれ」というものに変わる。
道をおさめた悟空には、こういう新能力が備わっていた。
 この小猿たちがまたすばしっこい。
ひょいひょいと刀をくぐって、魔王にとびつく。
股ぐらにもぐる、足をひっぱる、目玉をほじくる、
鼻をひねる。
よってたかって、ひっくり返し、ふくろだたき。
 ここで悟空が近寄って、魔王の刀を取り上げる。
小猿をどかせて、脳天へ一太刀浴びせれば、
魔王はまっぷたつ。勢いに乗って
洞門の中へなだれ込み、手下の妖怪どもを、
きれいさっぱり片付けた。
 さて、ぶるっとからだの毛をふるうと、小猿たちは、
毛になって、悟空のからだに戻る。ところが見ると、
まだ四、五十匹残っているのがいる。
これは水簾洞から魔王にさらわれてきた子猿だった。

子 猿 「大王、来るときは、
      耳元でぴゅーって音がしたら、
      もうここについていたんで、
      道がわからないんだよ。
      帰りはどうすればいいだろう」

悟 空 「心配するな。目をつむってるんだ」

 呪文をとなえて、雲を起こし、風とともに水簾洞へ。

悟 空 「みんな、目をあけろ」

 猿たちは、そこが故郷であるのに気づくと大はしゃぎ、
出迎えた猿たちと、再会を喜びあった。
酒さかなを用意して、さっそく祝賀会。

猿 達 「大王、いったいどこで、
      あんな術をおぼえてきたんです」

悟 空 「西牛賀州で運よく、
      ひとりの老先生に出会ってな、
      修行したおかげで、天と寿命が同じになって、
      不老長寿の術を授かったのだ。
      それからおまえたち、
      ひとつ、めでたいことがある。
      われわれには、孫という姓ができたぞ」

猿 達 「それじゃ、大王も俺たちも、
      みんな孫っていうわけですね」

 一同、大喜びで、ヤシ酒やブドウ酒をくみかわした。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-02-25 00:00 | 児・花果山水簾洞の巻
<< 如意金箍棒 (にょいきんこぼう... 悟空の修行 (ごくうのしゅぎょ... >>