如意金箍棒 (にょいきんこぼう) その5

 さて、話変わって、こちらは全世界に君臨する天帝。
 ある日、霊霄殿(れいしょうでん)で政務をとっていると、

臣 下 「東海竜王が上奏文を持って、
      おめどおりを願っています」

天 帝 「よろしい。ここへ通しなさい」

 東海竜王が入ってきて、上奏文を差し出す。
それには、悟空が竜宮へやってきて、
武器とよろい兜を無理矢理奪って行った件が
しるしてあって、最後に

「どうか天兵をつかわして、あの化け物を退治し、
平和を取り戻して戴く様、心よりお願い致します」

と結んである。

天 帝 「帰って待つがよい。朕(ちん)が
      将(しょう)をつかわして捕らえるであろう」

 東海竜王が帰ると、天帝はそばのものに尋ねた。

天 帝 「そのバケ猿は、いつ生まれ、何代をへて、
      そのような術を身につけたのか」

 千里眼(せんりがん)と順風耳(じゅんぷうじ)が
進み出て、

「この猿は三百年前に生まれた石猿です。
大したやつではなかったのですが、いつのまにか
仙術をおさめ、あばれまわっているもののようです」

天 帝 「では、誰を征伐につかわせばよいか」

 この時太白金星(たいはくきんせい)がすすみでた。

「おそれながら申し上げます。その猿も、
仙術をおさめたうえは人間とかわりはございません。
慈悲をお与えくださいますよう。
武力でおさえつけるのではなく、天上界に呼び寄せては
いかがなものでしょう。適当な官職につけたうえ、
天命に従うならば賞を与え、もし天命にそむくようでしたら、
そのときこそ、ひっとらえるまでのこと」

天 帝 「なるほど。ではおまえが使者になるがよい」

 命をうけた太白金星、南天門の外で雲に乗り、
まっすぐ花果山水簾洞にやってきた。
門のそとにいた小猿たちにむかって

「これこれ、わしは天から参った使いじゃ。
天帝の手紙を持っておる。天帝はおまえたちの
大王をお召しになったのだ。さぁ、早く取り次ぎなさい」

 その小猿が次の小猿へ、
次の小猿がその次の小猿へ、
順ぐりに伝えていって、一番奥の小猿が悟空に取り次ぐ。

「大王、門の外に年寄りが来て、天帝の使いで
大王を呼びに来たって、言ってますよ」

悟 空 「そいつはいいや。ちょうど天に
      遊びに行きたいと思っていたとこだ。
      すぐ、通してくれ」

 いそいで正装して迎えに出る。
 太白金星はずいと、中に入ると、上座について、
おごそかな口調で、

「われは西方の太白金星であるぞ。
天帝のみことのりを奉じ、なんじを天上界に召しに参った」

悟 空 「ありがたきしあわせ。……これ、おまえたち、
      宴会のしたくをしろ」

金 星 「いや、おかまいくださるな。
      きょうは天帝のお使いじゃから、長居はできん。
      さっそく同道ねがいたい」

 そこで悟空は、長老猿を呼んで、

「あとのことは頼んだぞ。
おれはちょっと天上界の様子を見てくる。
後でおまえたちも連れて行くからな」

 こうして悟空と太白金星は、それぞれ雲をおこし、
はるか空の上へとのぼっていった。
[PR]
by seiten_taisei | 2001-03-31 11:58 | 児・花果山水簾洞の巻
<< 斉天大聖 (せいてんたいせい)... 如意金箍棒 (にょいきんこぼう... >>